除湿シート - すのこベッド愛好会

テイジンの除湿シート、ダブルインパクト。最安値はこの販売店である。



現在販売されている除湿シートでダントツの人気をほこるテイジンの除湿シート、ダブルインパクト。

最安値の販売店を探してみました。
     ↓ ↓ ↓




amazonならこちらです。
     ↓ ↓ ↓



すのこベッドにもカビが生えることもある。その対策にはコレ。


桐製のすのこベッドを使っていても、こまめに布団を干さないとカビが生える可能性があります。

それほど、日本の自然環境は、季節によっては高温多湿。カビの繁殖には最適です。

だから、納豆や醤油などのカビ文化が開花したのでしょうかってゆーのは別の話。

布団に生えるカビほど気持ち悪いものはありません。

そこで、布団の下に桐でできたすのこベッド(すのこマット)を敷いて空気の通りをよくするわけですが、桐材に調湿作用があるといっても、桐材には、除湿剤のように湿気をがんがん吸い込むチカラまではありません。

桐製すのこベッドによる物理的な空気の層の形成でもカビが生えそうなくらい湿度の高い環境では、ほかのチカラを借りて対策をたてる必要があります。

それが、除湿マット(吸湿マット)です。



除湿マットは、湿気そのものを吸い込みます。

湿気を吸い込んでためておくことができるマットなんですね。

これさえあれば、日本の梅雨や冬の結露も怖くありません。

すのこベッド+ベルオアシス。

最強の湿気対策の組み合わせです。






除湿シートと「すのこベッド」の組み合わせが世界を救う


当愛好会がおすすめするような的確な「すのこベッド」を導入すれば、たいていのじめじめ環境は解決されます。

だがしかし。

昨今の日本では、快適な生活空間を追い求めるあまり、高気密高断熱が人類史上例を見ないほどすすんでしまい、ある要因が加わると、すのこベッドだけでは太刀打ちできないほどのじめじめ環境が出現するのです。


それは、お部屋は北向き曇りのガラスの部分的低温結露環境とか、今日も1日誰とも口をきかなかったぜとゆー換気の悪さなどがあげられます。

このような結露、空気循環の悪さが加わると、カビが生える可能性が一気に高まります。

すのこベッドは物理的な構造によって空気の流れを促進しますが、あまりに湿気が多いとすのこベッドの構造的な力だけでは太刀打ちできなくなります。

もっとミクロのチカラが必要です。

とゆーことで、除湿シートの出番です。

除湿シートは驚きの吸収力で、湿気をキャッチします。

湿気そのものを吸収することができるとゆーことです。

桐製のすのこベッドでも湿気を吸収する作用はありますが、すのこベッドの場合は、その材料の湿気吸い取り効果でさらさら環境を実現しているのではなく、冷たい床と暖かくて湿気の多い布団との間に空間を作ることによって湿気を逃がしています。

これに対して除湿シート(除湿マット)は、湿気そのものを吸収することができるのです。

もちろん、吸い込んだ湿気は、いつかどこかで吐き出さなければなりませんが、最近の除湿シート(除湿マット)は、センサーが付いていて、色の変化で、干さなければならないタイミングを教えてくれます。

すのこベッドと除湿シートを組み合わせれば、ほぼ完ぺき。

布団の下には「すのこベッド」。

「すのこベッド」の下には除湿シート。

これが最強組み合わせです。