すのこベッド番外編 - すのこベッド愛好会

桐でできた折り畳みすのこベッド「桐らくね」。既存の木製ベッドの類似品だが機能はすぐれている


木製の折り畳みすのこベッドといえば、これ↓、中居木工が産みだした傑作、木製折りたたみベッドです。





木製でありながら折りたためるこのすのこベッド(当研究会の定義では、これは高さがあり過ぎるので「すのこベッド」ではない)は、優れたアイディアと技術で生み出された日本製の名品です。中居木工の弛まぬ製品開発の姿勢にはまったくアタマが下がります。

しかし、食うか食われるかの弱肉強食のこの世界では、すぐれた製品はたちまち真似され、コピーされます。

それがこれ↓。すべてが桐で作られた折り畳みベッド、その名も「桐らくね」です(最初はちょっと恥ずかしい名前と思いましたが、だんだん慣れてきました)。



ほんと、オリジナルの中居木工製のものとくらべてカタチや構造が「ほぼ」そっくりに見えます。

でも、よく見ると、細かい構造は変更され、まったく同じモノじゃないことがわかります。

それどころか、いろいろな独自機能が追加されているので、実用新案登録もされています。

ある製品を模倣する場合、同等の機能を提供してなおかつ安い価格の製品を作る方法と、価格はアップしても機能をさらに向上させて消費者に訴える方法がありますが、このベッドは後者のやり方です。

パっと見は、中居木工製品のコピー商品に思えますが、よく見るといろいろ違います。

後発だけあって、中居木工製品のベッドを研究しつくし、その欠点を克服しています。

桐らくねが持つ、既存製品の欠点克服の執念はおそろしいほどです。


たとえば、「アップダウンキャスター」と呼ばれるキャスターを採用し、荷重がかかった時だけ、ベッドの脚部が固定されるようになっています。また、ベッド脚部の接地面が広くできているので、人間が寝たときの荷重を分散させ、畳や床が傷つきにくくなっているのも、この桐らくねの優れた特長です。

また、木製部分をすべて桐だけで構成した点も高く評価できます。桐は柔らかい木なので、安心できる強度を持たせるためには的確な設計が求められるのですが、それが難しいため、従来の桐製品では、強度が必要な部分には桐以外の固い樹種を使用することが普通でした。

この「桐らくね」はそこを克服した製品です。

オール桐で作ることに執念を燃やしたようにも見うけられます。

動画も発見してしまいました。



製品は日本製と謳われていますが、しゃべっている男性は、どうも日本語ネイティブではないようです。

でも、わざとこのような話し方をされているのかもしれません。

真相は不明です。

【注】youtubeにアップロードされていた動画は残念ながら削除されてしまいました。実に味わいのある独特な製品紹介動画だったので、もう見られないと思うと誠に残念です。


この桐製おりたたみベッドは中居木工製のものよりも価格的に高いものになっていますが、「後発」だけあって、見事にいろんな機能が追加されています。

当研究会のネット調査で、この「桐らくね」という商品が新潟県のデザインコンペで入賞したことが判明しています。

http://www.nico.or.jp/files/newsrelease/260305release_kai.pdf

ニイガタIDSデザインコンペティション2014というのがそれです。

このカタチが、デザイン的にも評価されるのかとちょっと意外な気もしますが、最近は、デザインにも幅広い考え方があるみたいなので、ま、いっかって感じです。

桐という素材は、確かに軽く、熱伝導率が低いために、その手触りは本当に温かい。

それをベッドに使った点は評価されるべきでしょう。

アマゾンでも売ってました。


木製折りたたみベッド 桐らくね (総桐製)

桐らくね。いいベッドだと思います。あとはお財布との相談ですね。

さて。

ある程度の高さをもったベッドでかつ布団を敷いたまま自立可能なベッドを求めるのであれば、この「桐らくね」もおすすめですが、布団を敷いたまま「布団干しモード」に変形できるすのこベッドが株式会社ナカムラによって作られ、現在、「すのこベッド」業界に一大旋風を巻き起こしています。

それがこれ、その名も「エアライズ」。




(おそらく中国製の)すのこベッドにもかかわらず1万円台半ばとゆーけっこうな値付けがされておりますが、この「エアライズ」は、布団を敷いたままで布団干しモードに移行できる機能を有しています。

当愛好会が「すのこベッド」とよぶ薄型のすのこで「布団敷いたまま布団干しモード変形」を実現できるのは、これまでは中居木工の「すのこマット」(当愛好会がベスト3第三位で紹介)しかありませんでしたが、中居木工の製品価格は2万を超えていました。

この「エアライズ」は1万円半ばの実売価格でありながら、その底面には布で保護されたスプリングが仕込まれており、すのこベッド本体の上に布団を敷いたままの状態で、女性でも、高齢者でも軽々と布団干しモードに変形させることができます。

しかも、普通の「2つ折りすのこベッド」は、布団干し状態にしたときに、つぶれないために何らかの方法でストッパーをかける必要がありますが、この「エアライズ」はそれも不要で、ストッパーなしで自立します。

この画期的なすのこベッド「エアライズ」の最安店はこちら。
        ↓↓
すのこベッドナンバーワン、エアライズの最安店を楽天で探してみる


エアライズは、yahooショッピングでも販売されています。




amazonならこちら。



人気商品なので、値崩れしてませんね(2015年1月現在)。

【追記】

と、そうこうしている間にもこの木製おりたたみベッドカテゴリは進化を続けており、新しい製品が投入されました。

その名も、折りたたみベッド「アルベロ」。



木製折りたたみベッドの先駆者、中居木工の製品の流れをくむ構造に見えます。

折りたたみベッド「アルベロ」は中国製。企画デザインは日本です。

完全完成品で、箱から出せばすぐに使えます。

本体の材料はパイン材で、表面はラッカー塗装で仕上げられています。

すのこ部分はLVL(平行合板)で作られています。LVLとは合板の構造的な呼び名です。

LVLがどんな樹種で作られているかまでは表記がないので不明です。

中国製ですからポプラかなとも思いますが、未確認です。

なんといっても、「アルベロ」の特長は、

 ●組立不要
 ●価格が比較的に安価

という点にあります。

本体が塗装で仕上げられているので、汚れにくい点もあげられます。

amazonでも入手可能です。




木製折りたたみベッドの選択肢がまた1つ増えました。









究極のすのこベッド、組子ベッドを見て驚け。


ま、次に紹介するベッドも、寸法的な高さがあり過ぎるので、当愛好会が言うところの「すのこベッド」には該当しない製品ですが、数年前からじわじわ売れている高額な木製ベッドです。


もちろん、当愛好会が紹介するベッドですから、すのこが組み込まれています。

しかも桐です。さらに本体も桐でできています。

んで、特筆すべきなのは、すのこの上に「組子」がセットされる構造になっていることなんですな。

こんな感じ。



「組子」っていうのは、細い木を組み合わせたもので、建具の障子とか欄間なんかに使われてるアレです。

この組子ベッドは、敷き布を組子で受けます。

なんでわざわざ組子なんて壊れやすいものを使っているかってゆーと接触面積が減らせるってことらしいです。

確かに、一般的なすのこベッドはすのこといっても布団との接触面積はけっこうあります。

面で受けてるって感じです。

これに対して組子ベッドは「線で受けてる」感がハンパありません。

現在、全国の布団屋さんなんかをとおして、高級なお布団とセットで販売する戦略みたいです。

ホームページやfacebookなどでもしっかりコンテンツが作られていて、開発者のPC好きそうな面もうかがえます。

ベッドの材料は中国桐でしょう。

桐の変色を見越して焼き桐の加工がされています。

けこうなボリュームのサイドレール(?)ですが、フラシュ構造なので、それほど重くはないでしょう。










すのこベッド番外。アイディア折りたたみベッド


ま、この製品は、高さがあるので、当愛好会が言うところの「すのこベッド」の範疇からははずれます。

しかし、かといって「すのこ付きベッド」とも呼べない独自の構造の木製すのこベッドです。

木製構造にスプリングを仕込み、コンパクトに折り畳めるのに、ベッド状態にしたときには高さをかせぐこの構造。

このような折り畳み構造をもつベッドは、この中居木工の製品がオリジナルだと思います。


すのこベッド シングル ヘッド無しタイプ

すのこベッド シングル ヘッド無しタイプ
価格:24,300円(税込、送料込)



高さがあるベッドなのに折りたためる。

一般的な、すのこベッドと比べて値段は高いですが、高さがなきゃベッドじゃねえ、とお考えのあなたには最適です。

この画期的な折り畳み構造を生み出した中居木工には心から拍手を送りますが、先駆者の宿命として類似商品からの追撃を受けています。

それがこれ。商品名「桐らくね」です。



ぱっと見は、中居木工のオリジナルにそっくりですが、後発だけあって、中居木工製品の欠点を克服しています。

まず、本体はすべて桐でできているため、圧倒的に軽い。

また、ヘッドとフットが板として床に接地する構造になっているため、畳やカーペットなどに跡が残りづらくなっています。

さらに、折り畳み構造にありがちな手や指を挟む事故を避けるため、折りたたんでも隙間があくような安全設計になっていますし、ストッパーなどの別部品も不要な構造になっています。

機能的には、後発の利点を生かして中居木工を上回る機能を実現していますが、材料に桐材を使っていることもあって、価格的にも高い製品になっています。


しかし、本家の中居木工も負けていません。さらなる進化が続いています。

それがこれ。今度は電気仕掛けで角度が変化します。



おそるべし中居木工。さらなる進化を期待したいところです。

ちなみに、この中居木工では、当愛好会がいうところの「すのこベッド」を「すのこマット」と呼んでいます。



このすのこマットにも、スプリングが仕込まれているところはさすが中居木工製です。
ベッドの高さも5.5cmあり、当愛好会が愛する「すのこベッド」の中では最厚クラスです。

材料は、すのこ部分はヒノキ。強度が必要な枠の部分は、ラバーウッドが使われています。

ラバーウッドってゆーのは、その名の通りゴムの木です。ゴムを絞ったあとの木を有効利用しています。

高級な木ではありませんが、天然木ですし、仕上げがしっかりしてあれば問題ありません。