フローリング部屋のひとり暮らしスタートには - すのこベッド愛好会

フローリング部屋のひとり暮らしスタートには


一人暮らしのスタートおめでとうございます。

人間、衣食住が大切と申しますが、最小限の食料を確保したあと大切なのは「住」であります。

特に、現在主流となっているフローリング、昔の言葉でゆーと板の間にどうやって眠るかは大問題になります。

ここで選択をあやまると毎晩の十分な睡眠が得られず、不幸な人生を送ることになってしまいます。

ま、お金があれば、シモンズベッドでも買ってきて寝ればいいんですけれども、6畳のワンルームなんかにベッドを置くと、自分の首を絞める事態になりかねません。

そんなときはやっぱり布団です。

布団であれば、眠りたいときには眠れる。起きているときは畳んでおけば、お部屋が広く使えます。

しかし。

フリーリングにじかに布団を敷いた場合、必ず不幸が訪れます。

現代の日本の賃貸住宅の多くは高気密高断熱仕様になっており、湿気がたまりやすい環境になっています。

そんな空間でフローリングに布団をじかに敷いた場合、あなたの身体から発生した水蒸気が布団を通り抜けてフローリングに達し、そこで結露します。

つまり、水になるわけですね。

その水が布団にしみこみ、運が悪いとそこでカビが発生します。

せっかくの一人暮らしのスタートで、カビだらけの布団で寝たくはないですよね。

そこで登場するのが、「すのこベッド」です。

ベッドというのもおこがましいこの家具を布団の下に敷くことで、あなたの快眠が約束されます。

日本人なら、すこのベッドがおすすめです。

買うならこれ。日本製のすのこベッドです。













×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。